「好きを仕事に」ってどういうこと?(1)

世のプチ論争となっている感もある「好きを仕事に」。
仕事に対して、ワクワクしよう!楽しもう!みたいな発信や空気には、
否定的な方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
私たちの「好きを仕事に!」出版の際にも、
特に年長の男性の方々から、「甘い」という率直な感想もいただきました。や、ふざけてません、本気なんです。「好きを仕事に」しましょう。

「好きを仕事に」が「楽して金もうけ」と勘違いされてるんだと思うんですね。
仕事にわくわくしたり、夢中になったりしたら、イコール楽なんでしょうか。

とてもそうとは思えない。

仕事って
エベレストに、登るようなもの。
フィギアスケートで、4回転ジャンプを跳ぶようなもの。なんではないでしょうか。
単純にすごくしんどい。でもそこにたどり着きたい。だからトレーニングもがんばる。
じゃあ、その原動力って、なんですか
好き

答えはその一言になってしまうのだと思うのです。

キャリアカウンセリングの相談の場で
仕事の達成感がないから、
少しでも興味のあることや好きなことに関わりたい
と考える方にお会いすることがあります。
今の業務には興味がないから、好きな雑貨屋さんに転職してみたいとか。
それでは、メーカーの経理をしていた人が、
好きな雑貨屋さんの経理になったら、
はたして満足することができるでしょうか。一般的に、「好きを仕事にという考えが甘い」というのは、
こんな場面を想定されているのだと思います。
はたして、私自身は、今の仕事が好きで好きでしょうがないんでしょうか。
意地悪な質問をいただくかもしれませんね。
行政書士、ファイナンシャルプランナー、それからキャリアカウンセラーの私。

あなたは書類を作るのが好きで好きでわくわくしてしょうがないんですか。

さて、どうでしょう。
パソコンで申請書類を作りながら、
ワクワクキャッキャしてたら、なんか変な人ですね(笑)。責任もあり、期日も決まっている中で、
いつもプレッシャーを感じています。
依頼者さんのこと、まだ完成・申請していない書類のことが、
常に頭の中にあります。
どうやったらより良くなるんだろうと、ずっと葛藤しています。
これでいいやって満足できないんですね。きりがない。
だから続けていられる。

この感じを名づけるならば、好き、というしかありません。

「好きなものがなんだかわからない。好きなことがある人がうらやましい」

そんな風に思う方もいらっしゃると思います。

これは何か、恋がしたいのに、いい人がいなーいと言ってるときの感覚に近い。
でもね、
目の前の何か
(たとえば、おせんべいが好きだからおせんべい屋を開くような何か)
それだけが好きなものとは限らないですよ。
行為そのもの、思いや日常
(たとえば、職場のデータ管理をする運用体制を作ることに燃えちゃうというようなことや、
社会で不足している資源を改善したいというような思いというようなもの)
そのものが、「好きを仕事に」するための核にもなります。

わたし自身は後者のほうの「好きを仕事に」の実践者だと思います。

しあわせの青い鳥は、結構身近にいますよ。

息をひそめて、その羽音を逃さないでくださいね。

尾久陽子より

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
キャリア35
好きを仕事に!女性の起業を応援します
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

関連記事

  1. 「好きを仕事に」ってどういうこと?(3)

  2. 「好きを仕事に」ってどういうこと?(2)

  3. 起業で得られる「3つの自由」

  4. あなたが起業する「意義」は?